エド・インターってどんな会社

エド・インターとは

Ed・・・教育(education)
inter・・・国際的な(International)
を表しています。

子どもたちの未来を見つめ、将来の地球を担う彼らの成長に貢献することが私たちの願いです。 グローバルな視野と考え方を持った大人になってもらえるよう、さまざまな観点から心と身体の発達に効果的な商品をつくるよう心がけています。

エド・インターは幼児教室の設立をきっかけに誕生しました。当時、木製の知育玩具といえば、ヨーロッパからの高価な輸入品しかありませんでした。そこで自ら、木製知育玩具の企画・製造を始めたのです。それ以来15年間、キャラクターものは扱わず、木や布のぬくもりを大切にした知育玩具一筋で商品の開発をしてまいりました。日本における知育玩具のパイオニアであると自負しております。 現在も兵庫県芦屋市西宮市に教室があり、新商品の開発・改良に重要な役割を担っています。幼児教育の経験豊富な先生の生の声、お子さまの反応、保護者の方のご意見を活かして、本当に知育効果のあるもの、そして素材の温かみを大切にした木や布の知育玩具の開発に邁進しております。

また、お子さまの年齢に適した良質な玩具を気軽に購入していただけるよう、様々な経営努力を重ね、適正価格を実現しています。

会社名 株式会社 エド・インター
所在地 本社 “母と子の知育あそび”事務局
〒660-0807 
兵庫県尼崎市長洲西通1丁目13-1
Tel:06-6488-1100 / Fax:06-6488-1139
トップキンダー西宮北口 〒663-8204 
兵庫県西宮市高松町4-37 中林ビル西宮4F
TEL:0798-63-0222 FAX:0798-63-0223
トップキンダー芦屋 〒659-0094 
兵庫県芦屋市松ノ内町1-20-101
TEL:0797-31-9000 FAX:0797-31-9032
代表取締役 楢井 博
設立 1988年11月21日
資本金 10,000千円
従業員数 27名
事業内容 幼児教育0~5才 知育教材 企画・輸入

根を育てる“母と子の知育あそび”

人間の能力には目に見える部分と見えない部分があります。
植物にたとえれば、美しく咲き誇る花が見える部分。そして地中でしなやかに粘り強く張っている根が見えない部分です。教育の基本は、その“根”を育てることにあります。
なんでもすぐに吸収できる大事な時期に、楽しく学べ、考える力をつける玩具を与えてあげることは、その子の将来の可能性の種まきです。種をまいていなければ、その後どんなに水や養分を与えても、それが芽を出すことはありません。将来大輪の花を開花させるよう、適切な時期に種をまき“根”を根気よく焦らず育む、これが“母と子の知育あそび”なのです。
ですから乳幼児の遊びには保護者の方々の暖かいサポートと賞賛の呼びかけが必要となります。
大人自身が玩具を楽しむ、一緒に遊ぶという気持ちが大切だと考えています。

エド・インターってどんな会社


ページの先頭へ